初セリ

新津食品流通センター初競り
  1月5日、秋葉区草水にある(株)新津食品流通センターにて平成31年の初競り式が行われ、当JAからは吉田専務が招かれました。 初競り式では片野浩社長の年頭の挨拶に始まり、多くの来賓の皆様の祝辞、乾杯、手締めのあと、競り人の合図で初競りが始まりました。新年初の競りということで、縁起物の野菜や果物の宝船が並ぶと威勢のいい掛け声で次々と競り落とされ、市場内は明るい新年を予感させる雰囲気に包まれていました。

柿部会精算会

柿部会 平成30年度柿精算会を開く
  柿部会は12月26日、「平成30年度柿精算会」を開きました。生産者や関係機関、JA役職員ら約40人が参加。今年度の柿の生育結果や販売先ごとの販売数量、金額などについて報告しました。 30年産の平核無と刀根早生の総出荷量は278㌧、総販売額は5976万1061円。出荷量は昨年を下回りましたが、販売額と販売単価はともに昨年を10%ほど上回りました。 また、全農にいがたの担当職員がおけさ柿の販売結果を報告しました。

ベジらンド歳末セール

ベジらンドにいつ歳末セール
ガラポン福引抽選会も
 ベジらンドにいつでは12月25日から30日まで、歳末セールを開きました。正月用飾り花、出荷できない小規格品などの訳あり野菜の特価販売を行い、正月準備をする買い物客でにぎわいました。農家手作りのたくあん、漬け菜、打ち豆なども豊富に用意。29日には店舗で1,200円以上購入したお客様を対象にガラポン抽選会を行い、抽選コーナーではベテラン生産者が声を出し、士気を高めイベントを盛り上げました。セール中はJA特産の里芋「里のいもこ」や小合園芸地区から出荷された正月用飾り花が人気。「花がセットになっていて華やか。種類も豊富」と好評でした。

花夢里にいつ年末年始イベント

花夢里にいつ
年末福引セール、福箱セール開催
 花夢里にいつでは12月23、24日に年末福引セールを開催しました。花夢里にいつや新鮮組で合計2,000円以上お買い上げでガラポン抽選!花夢里、新鮮組で6月まで使えるお買物券や花の種、パン屋「ボン・タケダ」さんの特製ラスクなどが景品でした。クリスマスシーズンということで、職員はトナカイやサンタの飾りをつけ会場を盛り上げました。1月2、3日には新春初売り福箱セールも開催。これらのセールは日頃の感謝の気持ちを込めて開催しています。これからもたくさんのイベントを行っていきます!

年金友の会輪投げ大会

小須戸町支所年金友の会
輪投げ大会で親睦深める
 年金友の会小須戸町支所は12月11日、輪投げ大会を開きました。会員の健康づくりと親睦を深める目的で、11回目。10チーム49人が参加しました。
 地区ごとに5人グループになり、4メートル先に1~9の数字を示した棒を目掛けて輪を投げ、棒に掛かった点数を競いました。競技中には「ゆっくり落ち着いて」「ドンマイドンマイ」などとお互いを応援する声がありました。
 参加者の一人は「1回目から参加しているので今回で11回目。この歳まで元気に体を動かせ、参加することができてうれしい。来年も参加したい」と話しました。

漬物講習会

女性部漬物講習会 
おいしく漬けるコツ学ぶ
  女性部は12月11、12日、管内4会場で漬物講習会を開きました。36人が参加し、部員が栽培した白菜と大根を使い、漬物を作りました。講師は食品メーカーの厚生産業の浅田哲也さん。同社の漬物の素を使った、大根のこうじ漬けと白菜の樽漬けのコツを伝授しました。浅田さんは「樽に敷き詰めたら、水上がりを早くするため最後に全体重をかけて足で踏むこと」などとうまく漬けるコツを話しました。 参加した部員は「毎年参加している。今回も友人と楽しくおいしく作 れた」と感想を話しました。

小合小米販売

小合小学校5年生が元気に販売
学校田で育てたお米
 11月27日、小合小学校の5年生17人が、花夢里にいつと新鮮組の店前にて、学校田で育てたお米「ス米ル小合」を販売しました。JAは5月の田植えと10月の稲刈りに協力。この商品名は学級目標「SMILE」と、「食べると笑顔になれるよ」との思いを込めて子どもたちが考案。「小合」は良い場所だということをお客さんに知ってもらおうと「笑顔で丁寧な接客」をめあてに協力して取り組みました。
 JAはこれからも自己改革の基本目標「地域の活性化」に貢献できるよう、地域とのつながりを大切に活動していきます。

事業継承説明会

事業承継説明会を開く
意義や手続きの留意点を説明
  11月20日、花き総合センターで、事業承継説明会を開きました。青色申告会の会員の事業承継の気運の高まりから、会員を中心に参加を呼びかけ初の開催で、20名が参加。 事業承継の意義や手続きの留意点、全農の「事業承継ブック」の活用方法、JAで必要な手続き等を説明。今後、JAへ事業承継の相談が増えてくると予想されることから、担い手支援室では関係機関と連携しながら今年度も事業承継に関する相談や説明会を開催していきます。

健康教室

健康講話・健康体操を実施した
平成30年度JA共済健康教室
 12月6日7日の2日間「鵜の浜ニューホテル」を会場に毎年恒例のJA共済健康教室が実施され、今年度は各地区から27名のご参加をいただきました。 ホテルで昼食後健康診断を行い、健康講話では上越総合病院の栄養士さんから『食事第一!糖尿病予防の食事を学びましょう』についての講話があり、普段から食事のバランスを整え、暴飲暴食をせず、食物繊維を多く摂取することが糖尿病の予防になることの講義があり、皆さん熱心に耳を傾けていました。
 夜の宴会では、健康講話のことをすっかり忘れて、唄や踊りで大いに盛り上がり、とても楽しい宴席になりました。
 二日目の健康体操では、上越健康スポーツ倶楽部の先生から、ウォーキング(歩き方)の正しいやり方のご指導を受けました。また、手指先を使った頭の体操を実践し、スムーズにできる方もいれば、悪戦苦闘しながらもなんとか頑張っている方もいて、会場いっぱい笑い声が響いていました。
 共済友の会では、来年も大勢の方から健康教室に参加していただけるよう工夫を凝らした企画でお待ちしております。今後ともJAとJA共済にご理解とご協力をお願いいたします。

地域と旬の話題

ページトップへ