はさかけ米寄贈

はさかけ米を学校給食用に寄贈
 JA新津さつきは10月30日、新潟市秋葉区に学校給食用の「はさかけ米」を寄贈。秋葉区役所で、JAの圡田清一組合長が熊倉淳一区長に目録を手渡しました。
 土田組合長は「今年のコシヒカリは、農家やJAの営農指導員の努力により96.8%の一等米比率となりました。太陽の恵みも受けて、美味しいはさかけ米になったので、皆さんに喜んでもらえると思います。これを機会に米の美味しさを知ってもらいたい」と述べました
  熊倉区長は「給食の米が、秋葉区でできた米だと話すと残される量も減るようです。学校とも打合せを行って、給食便りや、校内放送で秋葉区産のはさかけ米だとアピールし、安心・安全な食べ物を作ってくれている生産者に感謝して食べるよう伝えたい」と話しました。
 寄贈したはさかけ米は「コシヒカリ」の精米300キロ。JAと区が満願寺にある市指定文化財『はさ木並木』で行う「昔ながらのお米づくり体験」の一環として、9月中旬に開いた稲刈りとはさ掛けのイベントで収穫したものです。

ベジらンド感謝祭

盛りだくさんのイベント好評
ベジらンド開店5周年感謝祭
 「ベジらンドにいつ」では10月21日、開店5周年感謝祭を開きました。生産者が特産の梨や「おけさ柿」を対面販売し、来場者に元気な地域農業をアピール。会場は旬の地元産農産物を買い求める多くの買い物客でにぎわいました。 対面販売に加えて会場では、新鮮な野菜や果実を特価で販売し、野菜の詰め放題や豚汁、新米「コシヒカリ」のおにぎりの振る舞いも実施。新米「コシヒカリ」のプレゼントも人気を集めました。
ベジらンドにいつ運営委員会の寺尾佐敏会長は「生産者の頑張りで、売り上げは年々増えています。出荷量や生産者の人数も増えました。一方で生産者の高齢化も進んでいるので、もっと新規の生産者を増やして品ぞろえを良くし、新たな客を呼び込みたいですね」と話しました。
10月22日には特産のサトイモ「里のいもこ」の収穫体験を開きました。七日町の浅間和夫さんが協力し、消費者42人が参加。作業の終了後には、参加者に芋煮のサービスも実施しました。雨天で肌寒い中、作業を行った参加者には、熱い芋煮は大好評。お代わりをする方も多く、食べ終わった参加者は、満足した様子で帰路についていました。

柿トップセールス

東京にて新津さつき産柿のトップセールスを実施
  10月21日、圡田組合長と県内4大柿産地のJA代表者及び全農にいがたによる柿のトップセールスが東京大田市場で開催され、セリ前の挨拶を行いました。 圡田組合長は、「今年も新津さつき産の柿は生産者の努力と徹底した選果基準により、色良し、味良し、大きさ共に良しの高品質な柿に仕上がっていますので、ぜひ食べてください。」と仲卸業者らにアピールしてきました。
また、その後21、22日の両日にかけて当JA柿部会女性部員参加による阪急百貨店大井町ガーデンでの店頭販売に出向き、お客様に試食をしてもらうと「おいしい!」と大変好評で、最初は通り過ぎた方もまた戻って購入をしてくれていました。「新津さつき産の柿」を大いに宣伝してきました。

小須戸産地大感謝祭

小須戸町支所が参加 うららこすど「産地大感謝祭」
  JA新津さつき小須戸町支所は10月21、22日の2日間、産地大感謝祭に参加しました。大感謝祭は秋葉区産業実行委員会が主催で、会場は秋葉区の「うららこすど」でした。小須戸町支所は、牛と豚の炭火串焼きとフランクフルト、ペットボトルの飲み物を販売。用意した串焼きとフランクフルトは両日ともにお昼頃完売し、大盛況でした。 樋口博之支所長は「地元のイベントに参加し地域貢献することはJAの重要な役割の1つ。これからも地域住民の要望に応えていきたい」と話しました。

みのりの収穫祭

みのりの収穫祭に参加 JA新津さつきブース好評
 JA新津さつき等が事務局を務める新津野菜振興協議会は10月14日、みのりの収穫祭に参加。サトイモ「里のいもこ」の詰め放題と新米の販売で地元の特産品をアピールしました。
収穫祭は、秋葉区産業祭実行委員会の主催で、会場は同JAの花木直売施「花夢里にいつ」。1袋100円でのサトイモ詰め放題は100枚の整理券が15分で完売する人気ぶりでした。販売した新米は、同JA特産の「さつきむすめ」と「新之助」、天日干しのはさかけ米で、はさかけ米は試食も用意しました。 女性部と農業士会は、餅つきを担当。ついた餅もその場で振舞いました。子どもたちも杵を使っての餅つきを体験し、その辺りは写真撮影する親御さんや来場者で盛り上がっていました。
また、農産物直売所「新鮮組」は、梨と柿を試食販売。消費者は試食しながら好みの味を探していました。 会場を訪れた消費者は、「老若男女問わず、とてもにぎわっていた。これを機に秋葉区の野菜や花の魅力が広がるといい」と話しました。

荻川まつり

雨でも大盛況 荻川祭り‼
 10月22日(日)雨降りしきる悪天候でしたが、荻川地区の皆さんが楽しみにしております年に1回の大イベント 荻川祭り が例年同様 開催され多くの来場者で賑いました。 当、荻川支所も例年の如くの参加で、ポップコーンと新ブライト米 新之助 の販売を行いました。 ちびっ子にポップコーンは好評で、新ブランド米 新之助 は珍しさもあって、一人で2袋買いとこちらも好評でした。 催しは、体育館内での開催で、二中吹奏楽部の演奏やレクダンスの発表・美声のお披露目カラオケ等で大いに盛り上がり皆で楽しんだ一日でした。

ゴルフコンペ

第20回親善ゴルフコンペを開催
 10月12日、新津カントリークラブにて、第20回JA新津さつき親善ゴルフコンペを開き、188人が親善を深めました。 当日は雨が心配されましたが、日中は好天に恵まれました。参加した皆さんは存分にプレーを楽しむことができたと思います。表彰式ではスコアの良かった方も悪かった方も笑顔で賞品を受け取られていました。 結果は、優勝が齋藤光義さん、レディース部の優勝は石井みつ子さんとなりました。最後に多くの参加者の皆さんと、協賛された企業の皆さんにお礼申し上げます。

地域と旬の話題

ページトップへ